日本のことを知りたい

世の中は3連休らしいじゃないですか。
そして、明日は日本の建国記念日ですね(*^^*)

去年くらいから自分の中で、第3次か4次くらいの「日本ブーム」が来ています。
今回のブームはこれまでと違ってなかなか熱い。(自分比)
過去にきたブームの時は、行動が伴っていなかったというのに今回は違います。

興味がなかった日本

日本で生まれて育ってきたわりには、ほとんど「日本」という国をキチンと意識したことがなかったと思う。1番最初に意識するようになったのは、15年以上前にイギリスの人と付き合うことになってからだったかもしれない。
イギリスの人にしてみると日本はとても魅力的というか神秘的な国らしく、いろいろなことを聞かれたけどその質問のほとんどに答えることが出来なかった。(何を聞かれたのか忘れたけど「そんなこと疑問に思うんだ?」ということをいっぱい聞かれた)

正直、私は日本という国にはあまり興味がなかったし、学校で習う科目の中で改めて日本のことを学べるのは「歴史」だと思うのだけど(国語もある意味そうかな)その「歴史」というのはホントにキライな教科で、その中でも特に「日本の歴史」がキライでした。
なぜかというと、暗記が全然おもしろくないから。
何とかの乱とか、そういう名前も覚えにくいし、歴史に出てくる人はみんな似たような名前だし、読み方難しいし。。
例えば、源 義朝(よしとも)頼朝(よりとも)義経(よしつね)とか。
同じような名前過ぎる!!もしこの3人を愛称で呼ぶとしたらみんな「よっちゃん」になってしまうんじゃないか。この3人に限らず、もうちょっとオリジナリティのある名前とか個性的な名前にして欲しかった。しまいには、子供の頃は牛若丸(うしわかまる)という名前だったとか、、出世魚じゃあるまいし、覚えることが多くなるからやめてほしい!!(と切実に思っていた)

そういえば昨日入ったカフェで「今の子供の名前はキラキラネームで読めないよね。大人になってからのこと考えて付けたんだろうか?」って言っている人がいたけど、歴史に出てくる昔の人の名前も私からしてみたら充分読めないし、キラキラネームだし。。古事記に出てくる神さまなんて全員間違いなくキラキラネームだわ!
逆に、そういう大昔の人からしてみたら昭和では一般的な名前だって充分なキラキラネームなんじゃないだろうか?

とにかく、起きたことの呼び方と年と名前をひたすら暗記させられるような授業がホントにつまんなかった。

陰謀説のおかげで

陰謀説というのがあります。陰謀説は日本の歴史にも関連があって、私が最初に興味を持ったのは、第2次世界大戦で日本が負けたあとGHQ(連合国軍)が、日本人から愛国心を奪い、日本人の精神を軟弱化させるために教育を大きく変えたという話です。(これは知れば知るほど「陰謀説」でもなんでもなく事実なんだということがわかるけど)

これは逆に言えば、敗戦国とは言え「日本人」の精神力や底力を恐れていたということで、それほど恐れられている「日本人」の本質ってどういうことなんだろう?日本ってどういう国なんだろう?と興味を持ち始めたのも1つのきっかけでした。

ちなみに、他にもいろんな陰謀説があるので興味ある人はググってみてください。陰謀説を「バカらしい」と言って否定する人もいるけど、否定する前に考えてみてほしいと思います。物事の本質を理解する上にはとても役に立つと思うし、物事を短絡的に捉えるのではなくて、真実は何だろう?ってちゃんと自分の頭で考える力も付きます。
外国の人と話をしていると特に思うけど、日本人は「自分の頭で考える」という力が本当に弱い!(これもGHQの教育の影響ではあるけど)

そういえば、ここ最近話題になることが多い「大麻」!これも日本を恐れたGHQの政策に関連があると言われてます。医療でも使われることがある大麻だけど、なぜここまで禁止されるのか、ちょっと調べてみると面白いことが分かるかも!?

旅で歴史をリアルに感じた

最初にも言いましたが今回第3次か4次くらいの日本ブーム(私の中で)いま思うときっかけは、2年前から始めた旅ライフ。気が付いたら、日本に興味を持つ流れになってました。

もちろん歴史を知ろう!とか日本を知ろう!という熱い想いを持って旅していたのではなく単純に「楽しいな〜♬」ってレベルで始めた旅でしたけど。
沖縄で訪れた「旧海軍司令部壕」はリアルに生々しい戦争の爪痕を体験出来る場所だったし(視えないけど「居る」のは私でもわかるレベルでした。ひめゆりの塔よりオススメ。)沖縄で出会う人から聞く「ないちゃー」と「うちなー」という言葉には日本で唯一の地上戦があって(という言い方は今はしないらしい。「硫黄島だってそうじゃん!」みたいな意見があるからだそう。。)沢山の現地住人が巻き込まれた沖縄の人たちの怒りや悲しみの想いが込められている言葉だということも知り(年代によって込められている意味が違うみたいだけど)その後に行った、鹿児島の知覧特攻平和会館でも「日本」という国を守ろうという想いで亡くなった方たちに触れることが出来て(もっといろんな想いがあるけど上手く言葉にならないので、できれば実際に行ってみてください。)私の中で「歴史は年と出来事を暗記するだけのツマラン勉強」というモノから「歴史は実際に起きた過去のことで今に繋がっていることなんだ!」というリアル感を感じるモノになりました。

ちなみに鹿児島では屋久島に行こうと思ったら寝坊したので仕方なく、博物館めぐりをしたんですがここでも歴史に触れることが出来て、意外と楽しくて、時代の背景とかそれぞれの立場の違いはあるけど、どの時代にも共通して言えるのはみんな「日本を良くしよう」「日本を守ろう」という想いで生きていたんだなということを感じました。

ということは、歴史は「実際に起きた過去のことで今に繋がっているリアルな物で、単なる出来事の連続ではなく、人の想いの繋がり」なんだ!と認識が変わりました。(学生時代に思えていたらもっと歴史が好きになれていたかもしれないのに〜。)

海外から見た日本

その後、海外に2回それぞれ約1ヶ月くらい滞在したんですが、これが私にとっては大きかった。
一言で言うなら「日本人で良かった!」ということ\(^o^)/

特にそれを感じたのは2回目の旅行の時。
ベトナムだったというのもあるかもしれないけど、日本人というだけですごく良くしてもらったり、「日本人というだけで信用出来る」と言われることもあった。あとベトナムに旅行中の北欧人に出会った時には「Oh My god !!!  ついに日本ガールに出会えたよ〜!!」ってめっちゃ感激された。もうガールって年ではないのに、、ほんとに「おーまいがーっ!!」と連呼してました。

ちなみに比べて悪いですが、、どこへ行っても中国人は嫌われている様子。バリでもタイでもベトナムでも見事に嫌われてました。これは、私が見て勝手に思ったのではなく、実際に現地の人と話すと「中国人はキライ」と言う人が多かった!「ルールを守らない」「大声でずっと話していてうるさい」などなど。。「中国人はどこにでもいるけど、どこへ行っても嫌われているね!」とタイで仲良くなったアメリカ人が大笑いしてました。しかも、中国人がたくさんいるカフェの中で大声で言うから…笑
私も何度か中国人は嫌だなぁと思うような体験をしましたよ。並んでいるのに割り込みされたりとか、「靴を脱いで入ってください」と中国語で書かれていても無視して土足で入るとか。。
(この話をすると、昔の日本人も同じだったんだよって言う人がいるけど、、だからといって中国人がルールを守らないことをOKとする理由にはならないんだよね。キライなもんはキライだ。)

話しを戻して、、
日本人ってだけで信頼されたり、親切にされるというのは、確実に「過去の日本人や日本」の言動や在り方、生き方のおかげ。これは間違いがないと思う!
自分と違う言葉、文化を持つ国や人のことを、特定の国の人だからというだけで、信頼したりするなんて私には経験がなくててわからない。アメリカ映画とドラマは昔から好きだけど、だからといってアメリカ人だってだけで信頼するか?と言われたらそれは一切ない。(娯楽としての映画やドラマが好きってだけで実はそれほどアメリカに対して良いイメージがないしw)

他の国の人たちにここまで思われる国って実はすごくない?
日本って何なんだろう?
そこまで思われるような日本人の言動や在り方の基本になっているモノは何なんだろう?

日本の外に出てみてはじめて、日本の魅力に興味を持ち始めました(*´∀`*)

長くなったので、次へ続きます⇒


京都もすごく好き❤ もう少し歴史に詳しかったらもっと楽しめるような気がする。。

魔法使いのような5次元感覚セラピストになれる☆ 無料メール講座


【5次元感覚を自由に使える魔法使いのようなセラピスト】

5次元感覚を使ってセラピーをすると
何でもないことを話しているだけなのに
相手がクリアになり問題が解決される

そして【お金・時間・空間(旅)】を
自由に創ることが出来るようになったり
幸運やシンクロがたくさん起きる

3次元的な感覚からしてみると
まるで魔法使いのような人になる

ノマドセラピスト式の
5次元感覚セラピスト講座
メルマガ無料で大公開です

【無料メール】5次元感覚セラピスト養成講座

5月10日までの期間限定公開となっています

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

久しぶりの海外でタイに来ています

日本を知ると自分のことが好きになる

バリ島で学んだビジネスマインド

今月もやりたいことやってみた

変化のスタート

青森まで日帰り旅行