シンクロのない北海道の旅

「旅好き」と言っておきながらこっちのBlogではほとんど旅について書いたことがなかった。
別Blogには書いてあるんですが、、(当HPに記事は移動しました☆)何となく目に見えない系の話と現実的な話を分けようかな〜と思って分けてました。
が、今回なんとなくこっちに書こうかなと思ったのでこちらに(*´∀`*)

北海道旅行でした

今回は「北海道旅行」
行き先が「北海道」と聞いただけで「つまんねーーー」と思ってしまうわたし、道産子(北海道民)。

蝦夷富士とも呼ばれている「羊蹄山」
つまんねーーと言いつつ、この辺りは私の好きな場所で、以前はたま〜〜にドライブしに来ていました。(今は車を手放したのでしていませんが)
冬はパウダースノーが良いらしく、オーストラリアから沢山の人がスキーやスノーボードをしに来ています。住んでいる人も多いらしい。街中の表記も英語が多かったり、お店に入ると英語メニューが用意されていることも多いです。

私が特に好きなのは「野菜」!
高橋牧場にあるレストランが有名です。野菜のビュッフェが本当においしい(*´∀`*)
でね、今回初めて知ったのですが、、北海道民は舌が肥えている!ってことが判明。味付けじゃなくて素材の味が分かるというのかな〜。同じ野菜でもちゃんとした美味しい野菜とそうじゃない野菜がわかる。ここの野菜はそれ自体が美味しいので、味付けなんてほとんどしなくても良いくらいですね。

↑別角度で夕方くらいに撮った写真。携帯のカメラなのでこの程度が限界(;´∀`)

↑お店でも販売されている「京極の湧き水」。タンクを持参して汲んでいる人もいます。中国人の観光客が多かったです。近くのお店ではここのお水で作ったコーヒーも飲めます(*´ω`*)

↑「神仙沼」から帰る途中の道で。この景色は神仙沼よりもキレイでした(*´∀`*)

↑富良野、美瑛方面。一面が畑(・∀・)
北海道と言えども、気温は各地で全く違う。札幌に比べると富良野や美瑛方面は盆地で暑いのです(;´∀`)
ここではペンションに泊まりました。やっぱ野菜が美味しい(*´∀`*)

↑有名な「青い池」数年前にApple社の壁紙に採用されてから有名になったと記憶してます。ここも中国人が多かった!
台風の影響は滅多に受けない北海道だけど、去年は結構ヒットして災害受けた地域も多かった。この地域もその1つで、一時期青い池は青くなかったらしいです。またもとに戻ってくれて良かった(*^^*)

↑富良野の「富田ファーム」ラベンダー畑。
ここも有名ですね(・∀・) 時間がなかったのと暑かったのでさら〜〜っと見て終わりにしました。ほんと私は暑さに弱いよ。。

北海道が好きと言っていましたが

今回の旅で気付いてしまいました。
「北海道旅行なんてつまんないーー」と思っていたのは子供の頃からすでにいろいろ行ったから飽きてるだけかな?と思ってたけど、違った。
「北海道が好き」と言ってたけど別にそうでもないなってことに気付いてしまいました 笑

確かに北海道の食べ物はおいしい。だからどこかに旅に出ると「北海道の食べ物が恋しい!」って思うこともあります。でもそれと好きかどうかは別なんだな…って思いました。

きっとそれにも薄々気付いていたのにどこかで認めていなかったのは、認めてしまうと「じゃどこ行ったらいいのよ?」と新たな問題に向き合うことになるのを知っていたからだと思います(;´∀`)
だからといって沖縄に住みたいとも思わないのよね。そもそも一箇所にずっと住まなくてもいいのよね…。

あぁ、気付いてしまった…どうしよう 笑

シンクロ旅にはならなかった

大抵、旅に出るとシンクロがたくさん起きるんですけど、今回はそういうのはほぼなかったかな〜。
シンクロって自分がオープンになっていて、感覚で動ける時にたくさん起きる気がします。相手にもよるけど誰かと一緒だと「ここに行きたい!」と思っても行けないこともあるからね。。
やっぱ自分のペースで好き勝手に旅するのが私のスタイルですね(*´∀`*)

5次元感覚でどこでもドアを手に入れる豊かさLife☆ 無料メール講座


5次元感覚で好きなことを仕事にすると
まるで【どこでもドア】を手にいれたかのような
【お金・時間・空間(旅)】を自由に創ることが出来ます♪

旅行しながら各地でセラピーや講座をしたり
もちろん仕事はしないでゆったりすることも出来る

好きな時に好きな場所で自由に暮らせる
ノマドセラピスト式の
DocoDoorライフスタイル
起業法が無料で学べます☆

登録はこちらから

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

久しぶりの海外でタイに来ています

鹿児島での歴史旅

宮古島で受け取ったモノ

旅行に使うバッグ

秋田の旅から新幹線

セラピスト流の旅の楽しみ方