ノマドセラピストまでの軌跡【2】フリーランスになる

こんにちは。 「ノマドセラピストになるまで」の軌跡を書いてみようと思います。 長くなったら数回に分けるかな。 突然の移住 息子が小学校に...

↑の続きです。

これで仕事がしたい

整体をきっかけに心や意識の分野に興味を持ち、いろいろなことを学びました。
「好きなことで仕事がしたい!」⇒「でも、好きなことがわからない…」という状態から、ようやく見つけた「興味が持てて好きだな」と思えること!!
で、さっそく「これで仕事がしたいな(・∀・)」と思うようになりました!

とは言え、、私は生活費をキチンと稼がないといけない状態だったので「やってみるけどダメだったら仕方ないよね♪」とか「ダメだったらパートナーに出してもらおう♪」とか「趣味程度でいいかな♪」なんて状態ではなく、やるなら本気でやるしかないなと。

経済的には全くアテにならないパートナーだったんですw
子育てに関してはものすごく協力してくれる人だったので、おかげで好きなこと学ぶ時間は作れましたが(*´∀`)
経済的にアテにならないパートナーだったからこそ、本気でやろう!と思って今があるので、、何事もムダはないですね、ホントにw

自宅サロンでスタート

最初からこれ1本で稼げる!という確信も自信もなかったので、まずはある程度、確実な収入が確保出来る方法を選択。
午前中はパートに、そして午後からはセラピストとして仕事をすることにしました。
これなら確実にパート収入の分は入るからね(ノ´∀`*)

初期費用はあまりかけずに、自宅の使っていない部屋をサロン部屋にすることにしました。
必要最低限のモノを揃えただけでスタート。マッサージベッドとかタオルとか照明とかね。
最初は整体とアロママッサージがメインだった気が…。
整体も自分流の整体にしちゃったので、勤めていた時よりも楽しく出来ました。勤めていた時は、時間と人数勝負だったのでもっとゆっくり施術したいなぁ〜と思っていても出来なかったんですよね。。

そこにレイキとかカードを使ったカウンセリングとか入れるようになり
心理学やヒプノセラピーを学んでからは、それもプラスして。

半日パート、半日セラピストをしばらく続けて、、
「◯年◯月には完全にセラピスト1本にしよう!」と決め、それに向けて1つ1つ出来ることを重ね、売上をあげていくことを学び、決めた時期にはセラピスト1本で仕事が出来るようになりました。

何事も決断するとそうなるな〜って今でも思います!

独立サロンが欲しい

自宅サロンって楽と言えば楽なんですが(家賃も別に掛かるわけではないし)家族がいると気兼ねしちゃうんですよね。
お客さんに対してもそうだし、家族に対しても。
あと、途中からヒプノセラピーを取り入れたので、なるべく静かな環境でやりたいなと思うようになって。。

自宅とは別でサロンを持つことにしました。
当然だけど、その分家賃も水道光熱費もかかるし、自宅からも遠くてバスで往復1,200円くらい掛かる場所だったので交通費もかかったけど、その分、「ビジネス」としての意識も高く持てるようになりました。

こんな感じで数年間は、サロンを持ちセラピストをしていました(*´∀`*)

全て順調で何も問題なく見えるかもしれないけど、実はそうでもない 笑
次回はそのハナシからしま〜す。

⇒【3】に続く


↑石垣島で食べた「マグロのポキ丼」。石垣牛も有名ですが、マグロも有名らしくマグロ料理店も多いです(゚∀゚)
北海道のマグロとはぜんぜん違って、身がほにゃ〜としてる感じ。これはこれで美味しいけど、、やっぱ魚は寒いところで採れたモノの方が身が締まってて美味しいですね。

5次元感覚でどこでもドアを手に入れる豊かさLife☆ 無料メール講座


5次元感覚で好きなことを仕事にすると
まるで【どこでもドア】を手にいれたかのような
【お金・時間・空間(旅)】を自由に創ることが出来ます♪

旅行しながら各地でセラピーや講座をしたり
もちろん仕事はしないでゆったりすることも出来る

好きな時に好きな場所で自由に暮らせる
ノマドセラピスト式の
DocoDoorライフスタイル
起業法が無料で学べます☆

登録はこちらから

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ノマドセラピストまでの軌跡【5】

ノマドセラピストまでの軌跡【6】

ノマドセラピストまでの軌跡【4】全く動けなかった時期

デュアルライフで仕事はどうしているのか?

ノマドセラピストまでの軌跡【1】セラピストになる

やめた理由と5次元感覚