デュアルライフで仕事はどうしているのか?

※別BlogにUPしていた記事を再UPしました

本日は「お仕事」について。
「デュアルライフしてます♪」と言うと、人の1番の関心事は「仕事」のようです。
そりゃそうですよね。
一体どうやって食っているんだろう??って多くの人が思うハズ。

仕事についてよく聞かれる

「沖縄に1ヶ月くらい行ってくるよ」というと大抵の人に「え?仕事はどうしてるの?」と聞かれることが多いです。(たぶん長くても1週間ほどの滞在だとそれほど疑問にも思われないと思うのですが長期になると不思議に思うのでしょうね)
そして、聞いてくれる人たちは前提として、すでに私の仕事を知っている人たち。

その人たち、私の仕事は「カウンセリング」だと思っています。「カウンセリング」が仕事のハズなのに旅行行ってて大丈夫なの?と思っているようです。でも実際には、カウンセリングの仕事をしているということは、ウソではないけどメインの仕事ではなくて、ほとんどその仕事してないw(どうでもいいか。)
偽っているわけではないけど、メインの仕事を言わない1番の大きな理由は、私が小心者だからです。
プライベートの時間に自分の商品をガシガシ売り込みたいタイプではないので、いろいろ突っ込んで聞かれるのが苦手というかちょっと面倒です。だから「カウンセリング」と言うと大抵の人が、何となくイメージしてくれるのであれこれ聞かれません。大変助かってます。

話しは戻しますが、これが私の仕事が「投資家」だったりしたら大抵の人は聞いてこないと思うのです。どこで生活しようが何をしようが、投資家=お金持ち=どこでも住めるもんね♪みたいな考えになると思うからです。
残念ながら私は投資家ではなく、個人事業としてセラピストをしているので多くの人は疑問に思いますよね。

実際には何をしているかと言うと、インターネットで仕事をしています。(セラピスト要素あり)

仕事のスタイルを変えたきっかけ

数年前までは普通にセラピストでした。

普通に…という表現もどうかと思いますが(いまも普通なので)自宅以外に個室を借りてサロンとして仕事をしていました。
でもある時期から、一箇所(サロン)にずっと居ることが窮屈に感じるようになりました。お客様が来てくれるのを待つのではなくて自分から出向いたらどうだろう?(出張など)と一瞬思ったのですが、、、それもまた面倒だな…と(基本面倒くさがりなんです)どうしようかな〜と考えているうちに考えるのも面倒になり「もういいや!」とサロンを手放しました。

この時期、場所(サロン)のこともそうでしたがいろいろ迷った時期でした。仕事のやり方とか、方向性とか自分が本当にやりたいことは何だろうか?そもそもセラピストでいいんだろうか?とか。。
そんな時期だったので、元気良く外に出かけて行って活動するというよりは、内(家)にこもることが多くなりました。私は定期的にこういう引きこもり時期があって、その時は大抵、海外ドラマにハマってずーっと観ているか、もしくはマンガを借りてきてひたすら読んでいるか。。好きなビールも飲みに行かず完全に閉じこもります。

そんなことをしていたら「あ、これやってみよう」と急に思いついてやってみたのがインターネットでの仕事。
仕事をオンライン(インターネット)で出来るようにしました。これについては当時ほとんど知識がなかったので勘とあとは別業界の人がやっていることを見よう見真似でやってみただけでした。
でもそれが今の仕事のスタイルのベースになっています。
今はそこから少し発展していて、インターネットも使いつつ、旅行ついでに現地で対面講座などもしています。これがまた私にとってはすごく楽しい体験で、こうして全国の人たちと繋がれるというのは、本当にありがたいなと思います。

仕事の選択基準

仕事の選択基準っていろいろあると思うのですが、「自分がどのようなタイプ」で「何にストレスを感じるのか?」そして「どのような生活スタイルを送りたいのか?」みたいなところから選択すると理想のライフスタイルを実現しやすいです。

私の場合は、好きなことは好きでやりたいし、やりたくないことはやりたくないという、とてもわがままな人(母いわく)らしいので(わがままって言うのか正直なだけだと思うのですが)会社や組織に所属して働くよりは、個人で自由なスタイルで仕事する方が合ってます。自営業をする前には、大手〜中小の会社で働いていた経験もあり、そこでも(組織で働くことは)「合わないな」と薄々思っていました。自営業を始めた後も何度か会社組織の中でバイトらしいことをしてみたのですがやっぱり合いませんでした。無駄な抵抗ですね。合わないモノはやっぱり合わない!
インターネットを使った仕事は、ネットさえ繋がっていれば出来ます。これは、私の中ではすごく重要。
場所、時間が自由になるのと、面倒な人間関係がないのと、、あとは、誰かの許可を貰うことなく、好きに自分のアイディアを仕事にすることが出来るから。

ただ、私は「インターネットでビジネスをする」ということだけが誰にとっても何よりも素晴らしく、1番良い選択だとは思っていません。
「いろいろな場所に行き住みつつ生活したい。でもインターネットが苦手!」という人はリゾートバイトという方法などもあると思います。こっちのほうが、現地での友達は出来やすそうですよね。(私の場合はお酒飲むのが好きなので飲めると大体どこへ行っても友達は出来ます)
あとバイトとはちょっと違うけど、住むところと食事が提供される代わりに労働力を提供するというシステムもあります。
私は未体験だけどこれもおもしろそう。 WWOOF

どのような業種でも可能なのか?

「いろいろな場所に行ったり住みたい」「自由も欲しいからインターネットで仕事がしたい!」と思ったとしましょう。

その場合、いま継続中の仕事(業種)をそのままオンライン化したいという人と、今の仕事(業種)はやめてゼロからスタートしたいという人がいると思います。

ゼロからスタートするのは全く問題なく出来ると思います。ただ、私の考えとしては、これまでやってきている仕事(業種)をやめてしまうのは相当もったいないと思います。だって少なからず何かしらの知識や経験があるハズだし!もし、辞めてしまいたい理由が「嫌いだから」とか「不得意だから」というのであればそれもまた見方、考え方次第でどうにかなるのではないかと。自分が好きな部分、得意な部分だけを切り取ってしまえばいいと思っています。

そして、いまの仕事(業種)をオンライン化するとしたら…私はどのような仕事(業種)でも可能!(応用含め)だと思います。というか、私自身以前は「インターネットを使ってどこでも仕事が出来る!」ということが可能なのは、IT系の技術を持っている人かアフィリエイターくらいしかないだろうと思っていました。
でも、試行錯誤しながら今まで自分がやっていていた仕事(セラピスト)をそのままオンライン化することが出来たので「何でも考え方によっては可能だよね」という答えに行き着きました。
今のこの時代、やり方、考え方はかなり自由です。規定のやり方や常識にとらわれない発想をしていくといいですよね。今の世の中は「仕事」に対しての概念も変わりつつありますね(*´∀`*)

5次元感覚でどこでもドアを手に入れる豊かさLife☆ 無料メール講座


5次元感覚で好きなことを仕事にすると
まるで【どこでもドア】を手にいれたかのような
【お金・時間・空間(旅)】を自由に創ることが出来ます♪

旅行しながら各地でセラピーや講座をしたり
もちろん仕事はしないでゆったりすることも出来る

好きな時に好きな場所で自由に暮らせる
ノマドセラピスト式の
DocoDoorライフスタイル
起業法が無料で学べます☆

登録はこちらから

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ノマドセラピストまでの軌跡【3】トラブルの数々

5次元感覚の新しいビジネススキルとは?※追記あり

お金が入らない、流れない時の対処法

久しぶりの海外でタイに来ています

無料で出来る音声、動画いろいろ

軽くなったきっかけ